国内・海外のおすすめカジノ情報を徹底解説!

みんなのカジノ

カジノのマナー(服装、手荷物・チップなど)

世界中のあらゆるリゾート地や都市の中心地にあるカジノへは、海外旅行の際にぜひとも訪れてみたいエンターテイメント施設の一つですよね。しかし、ゲームのルールを知っていたとしても、カジノへ入場するにはマナーをしっかり把握しておかなくてはなりません。では、カジノのマナーにはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、カジノへ行くときの服装、手荷物、チップのマナーについて分かりやすくご紹介していきます。

 

カジノに行くときの服装

カジノでは何となくスーツやドレスなどフォーマルな服装をしているようなイメージがあるかと思いますが、地域により服装のマナーは異なります。カジュアルな服装で入場できるカジノもあれば、厳しいドレスコードが設けられているカジノもあります。入場を拒否されないためにも、事前に訪れたいカジノの服装のマナーについて知っておきましょう。

アジア・北アメリカはカジュアルな服装でOK!

アジアにはカジノ都市として有名なマカオをはじめ、韓国やシンガポールでカジノを楽しむことができます。アジアではカジノを一般的な娯楽の場と捉えている施設が多いため、敷居が低くカジュアルな服装で入場しても拒否されることはまずありません。

 

北アメリカにはカジノの本場ラスベガスがあり、世界中から年間4,000万人もの人々が訪れています。アメリカ・ラスベガスとなると気後れしそうですが、ラスベガスもアジアと同様にドレスコードは厳しくありません。

 

とはいうものの、海外は日本と違い、多種多様な文化をもった人々がいるので、最低限のマナーは守り、モラルある服装、清潔感のある服装を心掛けましょう。

 

【男性】

Tシャツ、普段履いているズボンにスニーカーで入店できます。

 

ただし、ハーフパンツにビーチサンダル、タンクトップやよれよれのジーンズなどラフすぎる服装は当然のことながら避けましょう。

ラフな服装の人を場内で見かけることもあるかと思いますが、これではさすがに印象が良くないので気を付けましょう。

 

【女性】

女性の場合カジュアルとはいってもおしゃれなので、とくに心配することはありません。

 

いつものワンピースやトップスにスカート、ロングパンツ。パンプスやミュールなどで大丈夫です。

ただ、どこの施設でも冷房が強く寒いことが多いので、薄手のものを一枚羽織っておくと安心です。

 

注意点ですが、韓国など一部のカジノではイカサマ防止のためロングコートの着用が禁止されています。

 

南アメリカ・オーストラリア・アフリカはスマートカジュアル

南アメリカではアルゼンチンなどの8ヵ国、アフリカでも多くの国でカジノが合法化されています。さらにオーストラリアを含めたこれらの地域では、アジアやラスベガスと比べるとやや厳しいですが、いわゆるスマートカジュアルな服装であれば入場できます。

 

【男性】

襟付きのシャツに長ズボン、革靴であれば問題ありません。できればジャケットを羽織っておくとグッと印象が良くなるためオススメします。なお、ノーネクタイでも大丈夫です。避けたいのが、Tシャツやジーンズ、スニーカーなどのカジュアルすぎるアイテムです。

 

【女性】

ミニドレスや綺麗めのワンピース、足元にはヒールを合わせたような服装であれば問題ありません。バックや小物類も服装に合わせたものをコーディネートすると良いでしょう。イメージ的には、いつもより少し気合を入れておしゃれをした程度の服装で大丈夫です。

 

ヨーロッパのドレスコードが厳しい

ヨーロッパでは35ヵ国でカジノが合法化されています。カジノ発祥の地であるヨーロッパのカジノにはドレコードがあり、フォーマルもしくはセミフォーマルな服装でなければ入場することができません。

 

【男性】

ジャケットとネクタイの着用が必須になります。ジャケットといっても普段会社に着て行っているようなスーツではいけません。結婚式に参列できる程度の服装(ブラックスーツ)を準備しておきましょう。

なお、一部の高貴なカジノ施設では、タキシードやディレクターズスーツの着用が義務づけられていることがあります。

 

【女性】

男性ほどドレスコードは厳しくありませんが、女性の場合はロングドレスにクラッチバックのような服装をしましょう。アクセサリーもなるべく上品でリッチなものを身に着けておくと安心です。

ドレスに合わせたフォーマルな髪型を整えるのが難しければ、思い切って現地のヘアサロンを利用すると良いでしょう。

ヨーロッパのサロンでは「カジノへ行く」と伝えれば、それなりのスタイルに仕上げてもらえます。

 

どこのカジノでも着用が禁止されているもの

・帽子

・サングラス

・マスク

上記の3点はどこの施設でも着用NGです。また、ロングコートやミリタリー服なども地域によっては禁止または良い印象を与えないので着用を避けましょう。

 

女性の場合、ファッションバッグであっても大きな手荷物は場内に持ち込みができないため、予め小ぶりのバッグを準備しておきましょう。

 

カジノでの手荷物のマナー

世界中全てのカジノで一貫して施設内への持ち込みが禁止されている手荷物がいくつかあります。イカサマ防止や、他のお客様のプライバシーを守るという観点から手荷物制限を行う必要があるからです。

カジノに持ち込み禁止の手荷物

上記にもあるように、帽子、サングラス、マスク、ロングコートは着用や持ち込みが禁止されています。

また、大きな手荷物(旅行カバンやリュック等)も持ち込むことが出来ません。ショルダーバッグ程度の大きさであれば持ち込めますが、基本的には貴重品のみとなります。

スマートフォンは持ち込めますが、カメラは絶対にNGです。どこのカジノでも、動画や写真の撮影をしてはいけないという共通するマナーがあるためです。

 

場内に持ち込めないものはクロークに預ける

どこのカジノでも入り口付近にクロークと呼ばれる荷物の預かり場所が併設されています。観光の後にカジノを訪れる際は、旅行カバンやサングラス、カメラなどを持っていることが多いかと思います。こういった場合はクロークを活用しましょう。

 

手続きは簡単で、預けたい荷物を見せると、タグ(番号札)の片方にサインをするよう言われます。サインをしていない方は引換券として渡されるので、なくさないようにしましょう。荷物を返却して欲しいときは引換券にサインをしてスタッフに渡すと荷物が戻ってきます。大体のカジノのクロークはこのシステムになっています。

 

もしくは、最近ではロッカーを設置しているカジノも増えてきているので、クロークでの手続きが面倒な場合はそちらを利用すると良いでしょう。

 

パスポートの取り扱いに注意!

注意点ですが、パスポートをクロークに預けた旅行カバンの中に入れっぱなしにしないようにしましょう。

入り口でパスポートの提示を求められることはよくありますが、場内でもパスポートの提示を求められることは少なくありません。そのため、パスポートは必ず場内に持ち込むようにしましょう。

 

カジノでのチップのマナー

ゲーム中のマナーとして、テーブルでのカジノチップ(Chip)の扱い方にもいくつかのマナーがあります。また、海外ではチップ(Tip)の文化も根付いているので、ディーラーやホールスタッフにお礼としてチップを渡すのも大切なマナーとなります。

カジノテーブルでのチップ(chip)の扱い方のマナー

ゲーム中のマナーとしてはまず、テーブルの上にはチップ以外の物を置くことが禁止とされています。プレイの邪魔になり大変迷惑なので、飲み物以外の私物(財布・スマートフォン・メガネ等)はカバンにしまっておくようにしましょう。

 

次に、ゲームをスタートさせる際には、現金をテーブルの上へ置くとディーラーがチップに交換してくれます。この時注意したいのが、ディーラーに現金を手渡ししてはいけません。チップを受け取るときも同様です。手渡しにならないよう、ディーラーがテーブルにチップを置いてから受け取るようにします。

ゲームがスタートし、チップを賭け終わった後はゲームが終わり勝敗がつくまでは一切チップに触ってはいけません。また、いかなる場合でも他人のチップに触るのはNGです。

 

ゲーム中手持ちのチップが増えてきたら、プレイ終了時にカラーアップすることもマナーの一つです。カラーアップとは、少額のチップを100ドルチップなどの大きな額のチップに換えることです。

少額のチップほどよく使うので、一人がたくさん保有するとカジノ側がテーブルに補充しなくてはなりません。これでは少し迷惑がかかってしまいますよね。カラーアップは必須のマナーではありませんが、基本的にはやった方がスマートでしょう。

 

ディーラーやホールスタッフにお礼として渡すチップ(Tip)のマナー

ディーラーへの心付け、お礼として渡すチップの金額にルールはありませんが、大きく勝ったときには、勝った金額の10~20%程度のチップを渡すのが暗黙のマナーとされています。勝った額が少額の場合は、5%程度でも問題ありません。

また、勝てなかったとしてもゲームを楽しめたのであれば、ディーラーへのお礼の気持ちとして1~5ドル程度のチップを渡しましょう。

ただ、これはあくまで相場であり、厳守する必要はないので安心してください。もしどんなに勝っても、ディーラーの対応が不満であった場合は、無理に渡さなくても大丈夫です。

 

また、チップを渡すときには現金ではなくカジノチップで代用できます。このときも、手渡しではなくテーブルにチップを置きましょう。

 

ドリンクサービスのホールスタッフには、最低でも1ドルのチップをあげることが一般的なマナーとされています。このときも同様に、現金でもカジノチップでも問題ありません。飲み物を受け取る際に必ず渡してあげましょう。

 

なお、チップが必要な国はアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、韓国になります。韓国はチップ文化がありませんが、カジノ施設は例外なので注意しましょう。チップが不要な国はマカオ、シンガポールです。

 

カジノのマナーについてのまとめ

カジノ施設でのマナーは、そんなに難しいことではなく、常識的なマナーであることがほとんどですよね。ポイントとしては、ヨーロッパのカジノ施設にはドレスコードがある、持ち込めない荷物はクロークに預ける、カジノテーブルにはチップ以外置かない、お礼のチップを渡す文化のある国では忘れずに渡す。このことに気を付けながら、カジノでのゲームを楽しんでいきましょう。

投稿日:

Copyright© みんなのカジノ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.