国内・海外のおすすめカジノ情報を徹底解説!

みんなのカジノ

その他のテーブルゲーム:ツーアップ|ルール・遊び方

ゲームには「ルールなどが整備されて本格的に遊ぶもの」のほかに「友人が集まった際に気軽に遊ぶもの」があります。

カジノゲームの多くはルールが整備されているのですが、パブやクラブ、友人同士の集まりに軍隊といった場面ではもっと手軽に参加できるゲームも好まれました。

ツーアップは「手軽さ」だけでみればおそらく世界でもトップクラスのゲームであり、現地では気軽に楽しまれるゲームの一つとなっています。

 

ツーアップの概要

 

ツーアップのルールについてですが、2018年10月現在、日本語版Wikipediaではただ一行

 

「ルールといっても、やり方は、お客が投げたコイン(お金)が、裏か表かで勝敗が決めるだけ出目を当てる場合もある。」とだけしか書かれていません。

要はコイントスなのですが、オーストラリアでは人気の定番ギャンブルという扱いらしく、オーストラリア出身の世界的ロックバンドAC/DCのアルバム曲に「Two’s Up」という曲があったりします。

カジノで遊べるのはオーストラリアのみなのでローカルゲームの類といえるでしょう。

 

ツーアップのルール

当然ですがコインを投げて裏表当てるだけではカジノゲームとしては成り立ちません。ですからもう少し複雑なルールがあります。

ただ日本で遊んだ人がほとんどいないらしく、体験記的な物を含めて日本語の情報がほとんどありません。そこで英語版Wikipediaなどを元に簡単にですがルールの解説をしますが、用語などで間違いがある可能性があるので注意してください。

 

まず使う道具は1ペニー硬貨二枚とキップ(Kip)と呼ばれる木の板です。

キップの先端には硬貨を入れる穴があけられており、そこに裏向きに硬貨を入れて保持します。

また裏側には白い十字のしるしが入れられます。

そのうえで参加者の集団から選ばれた一人(スピナー)は決められた枠(リング)の中でキップを振りコインを投げます。またこの際、コインがリング内に落ちなければ無効となります。

そして定められたルールに従ってゲームを続け勝敗を決するという仕組みにです。

スピナーはゲームの参加者から選ばれるので盛り上がるゲームになっています。

 

ツーアップの勝ち負けについて

一般的と紹介されているのが以下のルールです。

 

・二枚とも表(heads)ならスピナーの勝ち

・二枚とも裏(Tails)ならスピナーの負け。そしてスピナーの交代

・裏と表の組み合わせ(Odds)はもう一回。

 

スピナーは投げる前に賭け金を渡してゲームに参加しますが、周りの人間は出目にかけたりスピナーの勝敗に賭けたりします。

場所によってローカルルールがあるらしく、紹介するサイトによっても微妙に異なってるくらいなので、もし参加する機会があればその場のエチケットやルールは先に心得ておくほうが賢明でしょう。

 

ツーアップの用語

そもそも日本で遊んだことがある人がいるのか?レベルなので本格的な解説がないのですが、英語版Wikipediaの用語欄には以下の用語が解説されています。

用語 意味
School ツーアップであそぶギャンブラーの総称
Ring スピナーがコインを投げる場所。また投げたコインはリング内で落下してリング内で停止するのが決まり
Spinner ゲームに参加してコインを投げる人。Schoolの中で交代しつつ選ばれる
Boxer 胴元。賭けを取り仕切る人。賭けには参加しない
Ringkeeper (Ringy) 投げたコインに不正や干渉がないか確認する人
Heads 二枚とも表で着地すること。また「表」を意味する言葉
Tails 二枚とも裏で着地すること。また「裏」を意味する言葉
Odds 一枚が表。一枚が裏の状態
Odding Out Oddsが5回続くこと。カジノでは特別役の場合がある
Come in Spinner すべてのベットがあつまりゲームの準備ができた際に、ボクサーがスピナーを呼ぶコール。
“Barred” 投げた際に回転しなかったなど違法なスピンが起きた場合のコール

 

1ペニー硬貨はすでに失効していますが、表には人の顔、裏にはカンガルーが描かれています。

「頭」と「尾」はこの絵柄から来たのでしょう。

アンザック・デーについて

 

オーストラリアではカジノ以外でのギャンブルは禁止されています。

これはツーアップも同じであり、基本的にカジノでしか遊べないのですが、アンザックデーだけはツーアップが公式に解禁されています。

アンザックデーとはオーストラリアとニュージーランドで制定されている戦没者を追悼する日です。

もともとは第一次世界大戦において戦ったオーストラリア・ニュージーランド連合軍の兵と当時区に尽くした人々を追悼する日でしたが、第二次世界大戦などを経てオーストラリア兵全体の追悼や表彰が行われる日になっています。

第一次世界大戦のオーストラリア兵士がツーアップを好んで遊んだため、アンザックデーではカジノ以外でも解禁されています。

 

ツーアップのコツ

コイントスにコツなどありません。神に祈りましょう。

あながち冗談ではなく、アンザックデーの動画がyoutubeには複数アップロードされているのですが、みんなビール片手に集まってワイワイ騒ぎながら遊んでいます。

祝日に集まって小銭を賭け騒ぎながら遊ぶのが正しいゲームであって、本格的にギャンブルを楽しみたいという人向けのゲームではありません。

ですから自分があたると思ったほうに賭けて一喜一憂しましょう。

 

ツーアップは完全にローカールゲームの類であってオーストラリアでしか遊ばれていません。

アンザックデーの催しに参加するのは日本人にはハードルが高いので、カジノで遊ぶことになるかと面ますが、外国のカジノに遊びに行ったのであればもっと面白いゲームがあるでしょう。

そういったローカルゲームを遊ぶ場合、事前にルールを理解しておくことをお勧めします。

更新日:

Copyright© みんなのカジノ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.