国内・海外のおすすめカジノ情報を徹底解説!

みんなのカジノ

ダイスゲーム:大小・シックボー|ルール・遊び方

カジノゲームと言われると欧米のトランプゲームやルーレットばかり思いつきますが、ギャンブルは世界各国どこの国でも行われており、どんな国でも独自のルールを備えたギャンブルが存在します。

大小(シックポー)もそういったゲームの一つで、元々中国起源のギャンブルが欧米で広まっていったものです。

現在はそのルールのわかりやすさや、参加へのハードルの低さなどからマカオを含めアジアのカジノを中心に人気があるゲームです。もちろんアメリカやイギリスなどの欧米のカジノでもplayができます。

大小・シックポーの基本的なルール・種類

大小はサイコロを三つ使い、その出た目を当てるというゲームです。

賭け方は複数あり、その賭け方によって配当が異なるなどイメージとしては「サイコロを使ったルーレット」といった感じのゲームとなっています。

ここでは大小・シックポーの基本的なルールについて解説します。

またここから先のゲーム名の表記は「大小」で統一します。他の呼び方としてSic bo (骰寶、貴重なサイコロの意)やtai sai (大細)といった呼び方もあります。

基本的はサイコロの目を当てるギャンブル

大小はサイコロを使い、出た目を当てるルーレットと同じタイプのギャンブルです。

使うサイコロは三つなので、最大3から18までの数字の中で予想することになります。

ルーレットと同様に賭け方にもいくつかありますが、図柄が書かれたテーブルの指定の場所にチップを置くだけなので基本さえわかれば難しいことはありません。

また大小ではイカサマ対策として人間がサイコロを振るのではなく、専用の機械(タンブラー)を使ってサイコロを振る仕組みを取っています。

 

ちなみにチャック・アラックというよく似たゲームがありますが、こちらはイギリス発祥のゲームです。

同じくサイコロを使って行うゲームなので、どのようなゲームでも似てしまう部分はあるということなのでしょう。

 

ル―ル

 

0最初にディーラーが機械を操作してサイコロを振ります。サイコロの目は隠されており、ベット終了後に確認するまで誰も見ることはできません。

 

1ディーラーの「Place your Bets」の合図で賭けを開始し「No more Bets」までに自分が賭けたい指定の場所にチップを置きます。NomoreBetsのコールがかかる前であれば、チップを移動させることも可能です。


3ディーラーがタンブラーのカバーを開けて出目、大小をアナウンスします。この際ダイスが二つ重なっていたり、タンブラーに引っ掛かり斜めになっているなどで目が確定しない場合、ゲームは無効となります。これをコックド・ダイスと呼び、再試合となるのでベットの変更も可能です。

 

4予想を的中させた場合は決められた配当の払い戻しが行われ、外した場合は没収となります。

 

5配当が終了したら次のゲームを開始します。

 

大小・シックポーの用語

 

用語 意味
ダイスカップ・タンブラー ダイスを振るカップ。カジノでは機械をつかい自動で振るのが一般的
ダイス サイコロ。三つのダイスを使う
レイアウト 賭けを行うテーブル。何パターンかあり配当が違う

 

ゲームを実際に行うのであれば、このほかにベットなど基本的な用語を抑えておくことをお勧めします。

 

大小・シックポーの配当

大小の配当はルーレットと同じで、自分がどのように予想しそれを的中させたかで異なってきます。そのほかにも国やカジノによってレイアウトも異なってきます。

1つのゲームで複数の場所を選ぶこともできるのでリスクを分散させながらうまく予想しましょう。

カジノでは払い戻し額を「1・1」といった形で表記しますが、ここではわかりやすく「2倍」と日本式で表記します。

また賭け方の名称は英語版Wikipediaに基づくほか、配当は英国式に基づきます。(レイアウトによって配当が異なるため)

 

Big or Small 3つの目の合計数が11以上(大・BIG)か10以下(小・Small)かを予想します。ただし三つがぞろ目になった場合はトリプルとして別の役扱いとなります 2倍
Odd or Even 合計数が奇数か偶数かを予想します。これも三つがぞろ目になった場合はトリプルとして含みません。 2倍
Single Dice Bet 振った目の一つを予想する賭け方です。ぞろ目で同じ数字が並んだ場合、配当も上がります。 1つ 2倍

2つ 3倍

3つ 4倍

Dice Combinations 三つのサイコロのうち二つの目を予想して賭けます。15パターン存在しますが、これもトリプルは外れとなります。 7倍
Three Dice Total 目の合計値を予想します。倍率は目によって異なるので事前に確認しましょう。 7倍~61倍
Specific Doubles 3つのうち二つがぞろ目となる場合を予想します。 11倍
Triples 三つの目がぞろ目になることを予想します。確率が低い分配当も高いです。 180倍
Any Triple どの目でもいいのでトリプルになるという予想です。多少的中率はあがりますが、それでも可能性が高いという分けではありません。 31倍
Four Number Combination 4つの数字で目が構成される。という事を予想する賭け方です。「6・5・4・3」「6・5・4・2」「5・4・3・2」「4・3・2・1」の4パターンから選びます。トリプル、もしくはダブルが出た場合は外れとなります 8倍
Specific Double and Single Number Combination 「二つのぞろ目」+「ほかの目」をという組み合わせを予想する賭け方です。難易度が高い分配当も高いです。 51倍
Three Single Number Combination ぞろ目が出ない三つの目を予想する方法です。 31倍

 

ここではイギリス式の配当を上げましたが、ほかにもマカオやニュージーランド方式という物があり、それによって配当が異なります。

例えば三つの目が同じトリプルの場合、イギリス式は181(180・1)倍ですがマカオでは151(150・1)倍となります。

日本語の情報サイトではサイトによって配当が異なることがあるのですが、これはどの方式かで配当が異なるため配当についての情報が混同されているためです。

 

Four Number Combinationについて

若干わかりにくいので一例を出して紹介します。

「6・5・4・3」に賭けた場合、「5・4・3」や「6・4・3」であれば的中となり払い戻しがあります。

一方でこの4つ以外の数字、つまり「3・2・1」や「4・3・2」では外れとなります。

またダブルやトリプルが適用される場合も同様に外れとなるので「6・6・6」や「4・4・3」なども外れとなります。

 

大小・シックポーのコツ

大小のコツはルーレットと同じく、リスクをうまく分散させながら勝ちを狙っていくという物になります。

大か小や、奇数・偶数、シングルなど的中率が高いところを中心に手堅く狙いつつ、ペアやダイストータル、ダブル、フォーナンバーなどを狙って攻めていく方になります。

トリプルなど配当が大きな賭け方はその分的中率も低いので、ここぞというときに少額で狙うだけで基本は狙わない形になるでしょう。

大小において出る目はサイコロが三つで216です。トリプルの場合、その中の1パターンを予想する形になり的中率は1パーセント以下とまず当たりませんが、確率がどれだけ低くても出るときはでるのであきらめも必要でしょう。

逆に言えばトリプルなどで外すプレイヤーの多さこそがカジノにとっての収益とも言えます。

 

また参加者などにかかわらず的中率は常に一定なので、長期的な戦略としてベッティングシステム(賭け金の戦略)を試しやすいゲームでもあります。ベッティングシステムを理解するには勉強が必要ですが、実践で試してみたいと考えるのであればルーレットと並んで大小がお勧めです。

 

イカサマ?の話

ちなみにルーレットでは「ディーラーは力の加減で自由に玉の落ちる場所を操作できる」という都市伝説にちかい話がありますが、大小でも「ディーラーは機械の特性を知っているのである程度出目を操作できる」「機械の特徴によって出目に偏りがある」的な話があったりします。

真偽不明な与太話や噂話の類ですが、どんなギャンブルで負けると同じようにイカサマを疑う発想をしてしまうということなのでしょう。

 

大小はサイコロを使ったスロットといった趣があるゲームであり、ヨーロッパでも遊べるところはありますがそれよりもマカオをはじめとしたアジア圏のカジノで人気があるゲームです。

ルーレットと同じく常に一定の確率で遊べて的中率も一定ということで、遊ぶための戦略を立てやすいですし一発勝負から長期戦まで幅広い遊び方で楽しめるゲームです。

ルーレットと違いサイコロという日本人でもなじみがあるアイテムを使うゲームなので機会があったら遊んでみることをおすすめします。

更新日:

Copyright© みんなのカジノ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.