国内・海外のおすすめカジノ情報を徹底解説!

みんなのカジノ

ダイスゲーム:丁半|ルール・遊び方

今回初めて記事を書かせて頂きます!よろしく読んでください(笑)

当記事では遊び方や用語、イカサマまでの説明を記述していきます。

 

時代劇なんかの場面において耳にしたことはあるのではないでしょう?

丁半は昔から遊ばれており、江戸時代から存在しています。

まさに日本の賭け事ですね!

基本的なルール・種類

 

まず最初に、ゲームの流れ、ルール、種類についての説明に入ります。

丁半には大まかに2種類のルールが存在します。

 

通し盆

・喰い廻り

 

の2種類が存在します。基本的なルールはほぼ同じで、

下記に「通し盆」のルール記述しますので読んでみてください。

 

まずは前提知識として必要用語の説明を簡単に致します。

 

サイコロを投じ出目の開示する”壺振り”が1名、審判兼進行役”中盆”が2名の計3名です。

又、客と役職者の3名を挟む位置にゴザのようなものを置き、”盆切れ”といいます。

丁半を行う際、客は現金を他の物に交換して賭博を行います。

この時交換する木、竹を”コマ札”とい呼びます。

 

次に丁半に必要な道具です。

・六面体のサイコロを2つ

・サイコロを振る為の壺

・木札

・盆切れ

上記の4つを揃えることで丁半を行う為に必要な準備は完了となります。

 

ルール説明に必要な用語は以上となりますので、遊び方の流れにを見ていきましょう。

 

1.壺振りはサイコロを入れた壺を伏せます。

 次に伏せた状態の壺を前後に押し引きする動作を3回行います。

 これによりサイコロは転がり、中の数字がわからなくなります。

 

2.コマ札を配置します。

 出目の合計が偶数であれば丁、奇数であれば半へ賭けます。

 丁度の「丁」半端の「半」ですね!覚えやすい!

 盆切れの役職側半分が「丁」、客側半分が「半」に賭ける場所になります。

 

3.丁半共に同数賭けられていることを確認し、壺を開き、出目が明らかになります。

 この時の出目の値で決着を付けます。

 

4.出目を確認し配当を行います。

以上の4つの流れを繰り返します。

具体的には以下のような掛け声を使って行います。

 

中盆「壺を被せて」

壺振り「壺被ります!」

サイコロを壺に入れる流れの1の動作を行います。

 

中盆「どっちも」の掛け声で賭けの始まりです。

客はコマ札を置きます。

 

中盆「半方(丁方)ないか」

客が丁に賭けている数が多い場合に半に賭けるよう促します。

丁、半の調整がとれたところで出目を明らかにします。

どちらかが少ない場合は主催側が負担する場合もあります。

 

中盆の掛け声で出目のを明らかにします。

出目に応じて配当分与が行われます。

 

ちょっとセリフが堅苦しく、時代劇でも荒い人がやっているイメージかもしれませんが、

そんなに難しいことはないということが、わかって貰えたではないでしょうか。

 

それではもう一つの種類喰い廻り」について説明致します。

ルールは最初に述べたように違いありません。

ただしこの種類は主催者と勝負することになります。

要はコマ札の分配を調整する必要がなく、いくら賭けてもいいのです。

ローリスクローリターンで楽しめるのが「通し盆胡座」であり、

ハイリスクハイリターンを好む場合は「喰い廻り」で勝負するという区分けができるようになっています。

 

配当について

さて丁半の配当についてですが、先にも記述したように基本的には賭けの調整をした上で出目の開示となります。

つまり勝利者については単純に掛け金の倍額が返ってきます。

コマ札での配当は2倍と言えますが、実際には現金をコマ札に交換する際、コマ札を現金に交換する際にそれぞれ手数料が発生します。

この手数料が胴元の儲けになるのです。

 

丁半のコツ

ここで丁半のコツについて教えちゃいます!

コツと言いましても偶数、奇数を当てる遊びである為、確率は50%です。

サイコロは6面で2つ使用するので出目のパターンとしては、

6×6=36パターン 存在しますが、

丁のパターンは12パターン、半のパターンは9パターンなのです。

パターンの数は”12丁9半”と覚えてください。

この呼び方だけみると丁の方が多く見えますが、先に述べましたように出る確率は50%なので

騙されないよう気を付けてください(笑)。

下手に知識があると、丁の方がパターンが多い!と思ってしまい半ばかりに賭けて負けてしまいますよー。

出目の名称について

さてさてだいたいのルール、ゲーム進みの流れはわかったのではないでしょうか。

(最初から知っていた人も多いでしょうが 笑)

ルールはわかったしやり方も簡単ですが、せっかくなら出目の呼び方も覚えましょう!

結果がわかっても専門用語を知っていたほうが楽しく遊べますよ。

 

先にも説明しましたが

サイコロは6面で2つ使用するので出目のパターンとしては、

6×6=36パターン 存在します。

 

ただし、

1つ目のサイコロの出目が1、2の目のサイコロの出目が2 合計3

1つ目のサイコロの出目が2、2の目のサイコロの出目が1 合計3

このような出目の場合呼び方は1つとなります。

先で説明したように丁のパターンは12パターン、半のパターンは9パターン”12丁9半”となるのはこの為です。

ゾロ目(両方のサイコロが同じ数)の場合は全て丁になります。

これが丁の呼び方が多い理由ですね。

 

それでは以下に12丁9半の呼び方を記述します。

出目が[1、1]の場合             ピンゾロ

出目が[1、2][2、1]の場合   イチニ

出目が[1、3][3、1]の場合   サンミチ

出目が[1、4][4、1]の場合   ヨイチ

出目が[1、5][5、1]の場合   グイチ

出目が[1、6][6、1]の場合   イチロク

出目が[2、2]の場合        ニゾロ

出目が[2、3][3、2]の場合   サニ

出目が[2、4][4、2]の場合        シニ

出目が[2、5][5、2]の場合        グニ

出目が[2、6][6、2]の場合        ニロク

出目が[3、3]の場合             サンゾロ

出目が[3、4][4、3]の場合        シソウ

出目が[3、5][5、3]の場合        グサン

出目が[3、6][6、3]の場合        サブロク

出目が[4、4]の場合             シゾロ

出目が[4、5][5、4]の場合        グシ

出目が[4、6][6、4]の場合        シロク

出目が[5、5]の場合               ゴゾロ

出目が[5、6][6、5]の場合        ゴロク

出目が[6、6]の場合       ロクゾロ

 

イカサマについて

それでは余談になりますが、昔行われていたイカサマについてもいくつか紹介しておきます。

 

1.床下からサイコロを操作

壺をかぶせる箇所に穴をあけ上から白い布を被せて置きます。そうすると客側からは穴が見えない状態になります。盆切れの中に人が隠れており、布越しに針金でサイコロを動かし出目をを操作する方法です。

 

2.サイコロに細工

サイコロに錘をつめておいて丁、半が出やすい状態にする方法です。

時代劇でサイコロを噛む所作を見たことがある人もいると思います。

あれはこのイカサマの対策です。

 

もし丁半をやっていて違和感を感じたらこの情報は役立つかもしれません。

 

用語のまとめ

サイコロを入れる容器

 

壺振り

サイコロを振る人

 

中盆

ゲームの進行を行う人

 

実際に賭けを行うプレイヤー

 

盆切れ

客と役職者の3名を挟む位置に配置する敷物

賭けはこの上で行う

 

コマ札

賭け際に使用する札

 

サイコロの出目が偶数であることを指す

 

サイコロの出目が奇数であることを指す

 

ピンゾロ

サイコロの出目が1と1の場合の呼称

 

イチニ

サイコロの出目が1と2の場合の呼称

 

サンミチ

サイコロの出目が1と3の場合の呼称

 

ヨイチ

サイコロの出目が1と4の場合の呼称

 

グイチ

サイコロの出目が1と5の場合の呼称

 

イチロク

サイコロの出目が1と6の場合の呼称

 

ニゾロ

サイコロの出目が2と2の場合の呼称

 

サニ

サイコロの出目が2と3の場合の呼称

 

シニ

サイコロの出目が2と4の場合の呼称

 

グニ

サイコロの出目が2と5の場合の呼称

 

ニロク

サイコロの出目が2と6の場合の呼称

 

サンゾロ

サイコロの出目が3と3の場合の呼称

 

シソウ

サイコロの出目が4と3の場合の呼称

 

グサン

サイコロの出目が3と5の場合の呼称

 

サブロク

サイコロの出目が3と6の場合の呼称

 

シゾロ

サイコロの出目が4と4の場合の呼称

 

グシ

サイコロの出目が4と5の場合の呼称

 

シロク

サイコロの出目が4と6の場合の呼称

 

ゴゾロ

サイコロの出目が5と5の場合の呼称

 

ゴロク

サイコロの出目が5と6の場合の呼称

 

ロクゾロ

サイコロの出目が6と6の場合の呼称

 

胴元

丁半の主催者

 

寺銭

場所を提供する胴元へ支払われる金銭のこと

更新日:

Copyright© みんなのカジノ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.