国内・海外のおすすめカジノ情報を徹底解説!

みんなのカジノ

トランプゲーム:レッドドッグ|ルール・遊び方

カジノやギャンブルで行うトランプゲームといえばポーカーやバカラを思い浮かべる方がほとんどだと思います。ポーカーやバカラはルールが複雑で慣れるまで時間がかかってしまったり、やり方をマスターするまで何回もプレイしたりする必要があります。

 

王道のトランプゲームは難しくて遊びにくそうと感じている方におすすめなのがレッドドッグというトランプゲームです。とてもシンプルなルールなので「やり方がわからない」「遊び方を知らない」という初心者の方でも楽しめるゲームになっています。

 

今回はトランプゲーム「レッドドッグ」の遊び方やルール、コツなどをまとめました。これからレッドドッグで遊ぼうと考えている方は是非参考にしてください。

 

レッドドッグの基本とルール

このレッドドッグはジョーカー以外のトランプ52枚を使用して行われるギャンブルです。ポーカーのように各プレイヤーにカードを配ったり、10枚20枚カードを使用したりすることもないので、とてもシンプルなので初心者でもプレイしやすいギャンブルとなっています。

 

レッドドッグの大まかなルールはディーラーが2枚カードをオープンし、3枚目のカードにどのような数字のカードが来るかと予想し、賭けるというゲームです。レッドドッグにおいてトランプのマークは特に意味はありません。数字のみに注目するゲームです。

 

そしてオープンされたカード2枚の数字を見て、「ここは勝負すべきか」「だとしたらいくら賭けるべきか」という考えは必要となりますが、大部分は”運”が勝敗を左右するゲームなので、ポーカーフェイスや駆け引きが苦手という方でも気軽に遊べます。

レッドドッグの流れ

続いてはレッドドッグの大まかな流れについて書いていきます。レッドドッグは1回あたりのゲーム時間が短いのでどんどんゲームを繰り返すことができます。その分チップの移動も多くなるので注意が必要です。

1:まずはプレイヤーが賭け金を決めます。

2:続いてディーラーがカードを2枚引き、場にオープンします。これは各プレイヤーに2枚ずつオープンするのではなく、全プレイヤー共通の2枚となります。

3:次の行動は最初に配られた2枚のカードによって変わります。

 

2枚のカードが連続している数字の場合(コンセクティブ)

最初に「3・4」や「7・8」のように続いている数字が出た場合は”コンセクティブ”といい、3枚目のカードは配られることなく”ドロー”となります。

 

なぜ3枚目のカードが配られずドローかというと、数字の3と4の間に他の数字が入ることはないからです。3枚目がどんな数字であろうとこの連続した数字の間に入ることはないので、プレイヤーは必ず負けてしまいます。”コンセクティブ”というルールはこのような状況を避けるためもの、プレイヤーの救済措置のようなルールになっています。

 

2枚のカードが同じ数字の場合(ペア)

これは基本ルールのところでも少し書いた”ペア”という状態です。最初にオープンされたカード2枚の数字が同じ、かつ3枚目の数字も同じ場合はプレイヤー側の勝ちが確定します。

 

最初に2枚のカードの数字が同じであり、3枚目のカードが違った場合であっても”ドロー”となり、賭け金はプレイヤーへ返還されます。最初の2枚のカードが同じ数字が揃った時点で”プレイヤーの敗北”はなくなり、”ドロー”もしくは”勝利”のどちらかになります。

 

2枚のカードの数字が異なり、連続していない場合(スプレッド)

レッドドッグをプレイしていると一番多いのがこの”スプレッド”です。スプレッドは「3と6」のように数字が異なり、かつ続いていない数字場合のことを指します。この時、3枚目のカードが2つの数字の間の場合はプレイヤーの勝ちとなります。

 

逆に3枚目のカードの数字が最初のカード2枚の数字の間に入っていない場合は”プレイヤーの敗北”となり、賭け金はディーラーに没収されます。このレッドドッグにおいてのプレイヤーの敗北はこのスプレッドを外した時のみです。

 

そしてスプレッドとなった時、プレイヤーは最初の賭け金を増やす(レイズ)のか、倍にする(ダブル)にするのか、変えない(スタンド)のかを決めることができます。賭け金を増やすと勝利した時の配当も増えますが、負ける時のリスクが高いので慎重に行う必要があります。

 

レッドドッグの用語

続いてはレッドドッグの用語についてです。レッドドッグ独自の用語というのは少なく、他のトランプゲームでも使われている用語の方が多いです。なので、レッドドッグに限らず他のトランプゲームで遊ぶ時などでも役に立つことがあります。

 

最初は少し覚えることが多いように感じるかもしれませんが、実際にプレイしながら覚えていけば簡単に覚えることができるので、気楽に覚えていきましょう。

 

用語 意味
レッドドッグ ゲーム名、または”ペア”による勝利のことを指します。
コンセクティブ 最初に配られた2枚のカードの数字が連続している場合のことを指します。この場合は引き分けとなり、賭け金はプレイヤーに払い戻されます。
ペア 最初に配られたカード2枚の数字が同じであり、さらに3枚目のカードの数字も同じである場合を指します。この時の勝利をレッドドッグと言い、12倍の配当を得ることができます。
スプレッド 最初に配られたカード2枚の数字が異なり、かつ連続していない数字の場合を指します。間にいくつの数字が入り得るかにより配当が変動します。例えば「3」と「5」の場合、間に入り得る数字は「4」しかないのでこの時はスプレッド1と呼びます。スプレッドが狭ければ狭いほど配当も高くなります。
ベット 賭けをする、チップを賭けることを指します。レッドドッグの場合は2枚のカードが配られる前に1回あります。そして配られた2枚のカードがスプレッドだった場合、2回目はダブル、レイズ、スタンドのどれかを行うことができます。
ダブル ベットしたチップの倍額を賭けることを指します。基本的には自分が有利な時に行うアクションです。
レイズ ベットしたチップを増やすことを指します。基本的には自分が有利な時に行うアクションです。
スタンド ベットしたチップを変更せずにそのままの額でキープすることを指します。様子見やあまり勝負に自信がない時に行うことが多いです。

 

レッドドッグの配当

続いてはレッドドッグの配当についてです。レッドドッグは実際に場に出して使うカードの枚数が少ないので、勝利や敗北のパターンがそこまで多くありません。そのため配当もシンプルなので覚えやすいと思います。配当は次のようになります。

 

  • レッドドッグ(ペアで勝利)  :12倍
  • スプレッド1        :6倍
  • スプレッド2        :5倍
  • スプレッド3        :3倍
  • スプレッド4以上      :2倍

          

 

レッドドッグでは多くの場合、このような配当となっています。レッドドッグが最も高い配当の12倍、それ以外はスプレッド(カード2枚の数字の幅)によって配当が変わり、スプレッド4以上は2倍で統一されています。

 

配当が高い、つまりスプレッドが小さい時ほど負ける確率は高くなります(ペアの場合は除きます)。賭け額をどうするかは慎重に行う必要があります。

 

レッドドッグのコツ

続いてはレッドドッグのコツについてです。レッドドッグのコツといっても100%運なので、知っているか知らないかで命運を分けるといった知識やコツはありません。ただ基本的な考え方は必要になります。

 

例えばスプレッドが4以上の時です。スプレッドが4の時は間が4つもあるので勝てそうな気もしますが、実際の勝率はとても低いです。レッドドッグはスプレッド4以上の配当は2倍で統一されているので、スプレッドがちょうど4の時はそこまで大きく勝負に出る必要はないということがわかります。

 

逆にスプレッドが11(Aと2の場合のみ)の時はAと2以外の数字が出た時に勝てるので大きく張るべき勝負となります。スプレッドが1~3の時はとても勝率が低く、勝てる時は稀なので大きく張ると負けた時のリスクがとても大きいものになります。

 

そのためスプレッドが1~3の時はスタンドをして、スプレッドが高い時に大きくレイズするという方法が基本的な遊び方になります。レッドドッグは最初の2枚でほとんど勝負が決まるといっても過言ではありません。実際にプレイをして勝つコツを身に着けていきましょう。

 

【まとめ:レッドドッグの面白さとは】

最後にレッドドッグの面白さについてです。あまりトランプカードで遊んだことがない人の中には「トランプカードは複雑でポーカーフェイスで戦わなければいけない」というイメージを持っている方も多いようです。

 

しかし、レッドドッグは完全にプレイヤーVSディーラーの勝負なのでポーカーフェイスである必要はありませんし、勝敗もほとんど運で決まるので心理戦を挑む必要もありません。なので純粋に”運の良さ”で勝負できるというのがレッドドッグの面白さです。

 

勝敗よりも負けた時の損害をどれくらい少なくできるのか、勝てそうな時にさらにチップを追加で賭けることができるのかという損得勘定が重要となるトランプゲームです。冷静に考えれば大きな損害をすることもないので、気楽に遊んでプラスにできるように頑張りましょう。

更新日:

Copyright© みんなのカジノ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.