国内・海外のおすすめカジノ情報を徹底解説!

みんなのカジノ

トランプゲーム:ブラックジャック

ブラックジャック|ルール・遊び方

 

ブラックジャックは、21に近い数字を出す、と言う初心者にもわかりやすいルールながら高い戦略性を持つ事で定番ゲームの一つとして世界中で人気があります。

ここではブラックジャックの基本的なルールを紹介していきます。

ブラックジャックの基本的なルール

 

ブラックジャックは「21に近いほうが勝ち」という極めて単純なルールと、技術介入の余地が大きく遊び方の幅が広いので熱中しやすいということでカジノゲームの中でもポピュラーなゲームの一つです。

 

ルール1 ディーラーと勝負をする

ブラックジャックはポーカーなどのようにプレイヤー同士が戦うのではなく、ディーラーと勝負を行うゲームです。ただしディーラーの行動はルールで完全に決まっているので、ディーラー個人と勝負をするという訳ではありません。

ルール2 21に近いほうが勝ち。21を超えたら負け

基本的なルールはお互いにカードを引き21に近い数字を出したほうが勝ちという物です。

ただし21を超えたらその時点で負け(バスト)となります。

 

ルール2 カードの数え方

ブラックジャックでは以下のようにカードを数えます。

 

・2~9 カードの数字

・10、11、12、13(絵札) 10として数える

・1(A) 1もしくは11

 

カジノによってルールが異なる・変形ブラックジャックについて

 

ブラックジャックの基本ルールとして押さえておくのは上の三つですが、このほかにもカジノによって独自ルール(ハウスルール)が設定されています。

ですから遊ぶ前にそのルールをしっかりと押さえておきましょう。

ブラックジャックの用語

このほかにも用語はありますがプレイをする上で最低限知る必要があるのが以下の用語です。

 

用語 意味
ヒット カードをもう一枚引く
スタンド カードを引かずその数で勝負する
スプリット はじめに引いた二枚が同じカードの際に、初めに賭けたベットと同じ額を賭けることで二つに分けて勝負することができる
ダブルダウン 最初の二枚を確認した後に掛け金を二倍にして一枚だけ引くことができる
サレンダー 掛け金を半額放棄することで途中で勝負から降りることができる特殊ルール
インシュランス・イーブンマネー 最初に配られたでディラーの表向きのカードがAの場合、最初の掛け金の半額を賭けることができる特殊ルール
ブラックジャック・ナチュラル 最初に配られたカードで21ができること。この時点で勝ちか引き分けが確定
バスト カードを引いて21を超えること。その時点で負けがきまる

 

ブラックジャックのゲームの流れ

 

では次に具体的なゲームの流れについて解説していきます。

ブラックジャックは世界中で人気があるため、スマホでも多くのゲームアプリが提供されていますし動画投稿サイトにプレイ動画や解説動画も公開されているのでそういった物も参考にする事をお勧めします。

また特殊な賭け方についてはわかりやすいように最後にまとめて解説します。

 

1ゲームを行う場合、席に座りチップの交換

 

カジノではテーブルでディーラーに現金を渡しチップと交換します。

その際に不正対策として現金を手渡しせずテーブルに置くこと、またゲームに参加と間違われないために(現金でも参加可能な場合もある)チップをかけるベットスポットに置かない事などを注意してください。

 

2指定の場所にミニマムベット以上のチップを置く

 

ブラックジャックに限らずカジノゲームにはミニマムベット、最低賭金が設定されているのでそれ以上の額のチップを指定の場所に置きます。

 

3プレイヤーとディーラーに二枚のカードが配られる

 

全員の参加の意思が確認される(チップを置く)とゲームが開始されます。

最初に二枚のカードが全員に配られますが、プレイヤーは二枚とも表向き、ディーラーは一枚のみ表向きに配られます。

 

4ヒットorステイの判断をする。

 

カードが配られた後、ヒット、もしくはステイの請求をします。

実際のゲームでは宣言をしても良いのですが、ハンドサインでディーラーに意思を伝えることも多く

 

・テーブルを2,3度叩く→ヒット

・手の甲を見せて振る→スタンド

 

となっています。

またこの際に21を超えたらその場でバストになり、ゲーム終了、プレイヤーの敗北となります。

 

5ディーラーがカードを引く

 

参加しているプレイヤーが全員バスト、もしくはスタンドの意思表示を行ったらディーラーがカードを引きます。

この際にディーラーは

 

・17以下であればかならずヒットを行う。17を超えた時点でスタンド

 

という決まりでカードを引きます。(ハウスルールあり)

ですからディーラーの手は

 

「17・18・19・20・21・BJ・バスト」

 

の7パターンしかありません。

 

6勝ち負けの清算をしゲーム終了。次のゲームに

 

5で双方のカードが揃うので下記の配当に従い勝ち負けの清算を行います。

基本的に21に近い方が勝ちという理解で問題ありませんが特殊なパターンとして

 

・双方バストの場合後からカードを引くディーラーの勝ち(先にカードを引いたプレイヤーが負けているので)

・ブラックジャックなど同じ数字の場合引き分け

 

となります。

また勝敗についてもハウスルールを設定していることがあります。

清算が終わるとゲームの終了であり、引き続き次のゲームに移ることになります。

ゲームを辞める場合はここでテーブルから立ちましょう。

 

特殊ベットについて

 

最後に特殊ベットについての解説を行います。

 

1 ダブルダウン

 

上で説明した4の段階で

「賭金を二倍にしてカードを一枚だけ引く」

という選択をするベットです。

これを選択した後に追加でヒットを行うことはできません。

行う場合、賭金と同額のチップを場に置きでダブルダウン(ダブル)と宣言する、人差し指で指す、チップを差し出すだけで良いなど解説者によってアクションの違いがあります。

次に説明するスプリットもチップを倍額だす動作を行うので、間違いが無いように事前にアクションの確認をしておきましょう。

2 スプリット

 

4の段階で同じ数字のカードが二枚そろっている場合に選択できるベットです。

最初にかけた賭金と同額のチップを賭けてこれを選択することで、カードを二つに分けもう一枚ずつカードを貰い分離させた上で2つのゲームを進行させることができます。

 

例えば最初の二枚がA・Aだった場合にスプリットを選択すると

 

・8

・8

 

の二つの手札に分けられもう一枚ずつカードが配られゲームが続けられます。

以後のゲームは基本と同じです。なのでスプリット後の一枚でダブルダウンを選択することもできます。

スプリットもカジノごとにハウスルールが設定されているので事前に確認をしておきましょう。

またスプリットでブラックジャックを作った場合、通常のブラックジャックのように1,5倍ではく通常の勝利のように1倍の配当とするルールもあります。

ハンドサインはチップを出したあとにVの字で指を指す、またスプリットと口頭で宣言するなどの方法があります。

 

3 サレンダー

 

4を行う前に、勝ち目がないと判断した場合

「降参するのでベットした額の半額を返してください」

と降参宣言するのがサレンダーです。

一枚でもヒットをした段階では宣言できませんし、ルールとして認めていないカジノが多く使う場面も少ないのでダブルダウンやスプリットと比べて一般的とは言えません。

 

行う場合はテーブルの上で指を使い右か左に一直線に引く動作を行うか宣言を行います。

 

4 インシュランス・イーブンマネー

 

3でカードを配り終えた段階でディーラーの表向きのカードがAの場合

「ベットの半額をディーラーがブラックジャックであることに賭ける」

というのがインシュランスです。

インシュランスが行われ場合、ディーラーは手札を確認して

 

・21であれば1倍の配当と賭金の払い戻しでゲーム終了

・それ以外であればゲームを続行。インシュランスベットは没収

 

という配当を行います。

成功するとディーラーがブラックジャックでもベット額と同じ額が帰ってくるので差し引きゼロとなりますが、成功する可能性が低く勝っても大きなメリットがないため行う人はあまり居ません。

 

インシュランスの一種でプレイヤーの手札がブラックジャックの際に聞かれるのが「イーブンマネー」です。

基本同じですが、ブラックジャックの時点で引き分け以上になるのが決まっているので勝敗に関係なくベット額の2倍の配当を得られます。

行う際はディーラーがインシュランス(イーブンマネー)を行うか聞いてくるのでチップを指定の場所に差し出しましょう

 

ブラックジャックの配当

ブラックジャックの配当は極めてシンプルで、ベット額1に対して

 

・プレイヤーの勝利なら賭けたチップの2倍の配当

・プレイヤーがブラックジャックで勝利した場合2,5倍の配当

・引き分けなら1倍の配当(払い戻し)

・プレイヤーが負けた場合は没収

 

の4つが基本となります。

ただしハウスルールによって異なるので参加の前にルールを把握することをおすすめします。

 

ブラックジャックのコツ

ブラックジャックは基本カジノ側が勝つように設定されているカジノゲームでは珍しく、統計学的に出された最適解である「基本戦略(Basic Strategy)」を忠実に守ることでカジノ側の優位を1%以下まで下げることが可能です。

 

まずは「基本戦略」から

 

基本戦略を表した表はインターネット上に広く流通しているので、まずはこの表を見ることをお勧めします。

 

参考

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブラックジャック#基本戦略

 

基本戦略はルールや利用するデッキの数で変わりますが、初心者の方はまずコツとして

 

・17以上は常にスタンド。11以上は常にヒット

・ディーラーのアップカードがA、もしくは7以上の時は攻撃的にヒット。2から6の時は多少低くてもスタンド

・見えないカードは10として予想すること

 

の3点を覚えておくといいでしょう。ダブルダウンやスプリットといった特殊ルールは慣れてから対応していくことをお勧めします。

 

「カウンティング」という技術について

 

映画などでも盛んに取り上げられる知名度が高い技術として

「すでに場に出たカードを覚えておきデッキの残りカードを予想する」

という記憶力を駆使したカウンティングと呼ばれる技術があります。

ただし現在のカジノは様々な対策を行いカウンティングの効果を薄める、場合によっては無効にしています。

カジノではカウンティング以外にも不正が疑われると出禁となるので怪しい動きは慎むようにしましょう。

 

ブラックジャックは世界中で人気があるゲームなので派生ルールも沢山ありすべて追いかけることはできません。ですから遊ぶ前にルールの確認をするようにしましょう。

また人気があるだけあってパソコンやスマホのゲームも多いです。実際にお金を賭ける前にゲームなどで試しておく事をお勧めします

更新日:

Copyright© みんなのカジノ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.