国内・海外のおすすめカジノ情報を徹底解説!

みんなのカジノ

トランプゲーム:バカラ|ルール・遊び方

ゆっくりとめくられる二枚のカード、息をのんで結果を見守るプレーヤー達…「カジノの王様」とも呼ばれるこのゲームは、カジノの中で最も高額な賭け金が動くことで有名なゲームです。賭け金のミニマムが高く、勝敗が決まるまでの時間が短いことから、特にハイローラー(大金を賭ける人たち)の間で人気の高いゲームです。また、絞りと言う勝敗に関係のない一見回りくどいルールもあることから、一見初心者には手を出しにくそうに見えるゲームでした。

ですが近年、その絞りを排除し、低い賭け金から始められるミニバカラと言うバカラの一種が登場したことよってカジノ初心者でも気軽に楽しめるようになりました。また参加者が勝敗を左右することが一切ないゲームなので、ルールを知らない初心者でも簡単に始めることができるゲームとして有名です。

とはいえ、遊び方を知れば知るほどゲームは面白くなるもの。ここでは、シンプルかつ人を惹きつける魅力を持ったバカラの基本的なルール、遊び方について詳細に説明していきます。

バカラの基本的なルール

バカラ(Baccarrat)はトランプを使ったカジノゲームの一種です。バカラのルールを一言で言うと「BANKER(バンカー)とPLAYER(プレーヤー)に別れて得た2、3枚のカードの合計点数が9に近い方が勝ち」といういたってシンプルなゲームです。

 

バカラ、ミニバカラと二種類ありますが、今回はバカラの方の説明をしていきます。

ルール1:BANKERとPLAYER

バカラをバカラたらしめる最も特徴的なルールは、BANKER(バンカー)とPLAYER(プレーヤー)は架空の人物だと言うことです。PLAYER、と言うとあなた(プレーしている人)をさしているように思われがちですが、実際には意味はありません。BANKERとPLAYERという名前の架空の人物が対戦しているのを横で眺めているのがあなた、と言うことになります。

あなたがゲームの勝敗を左右することは一切なく、傍観者として、BANKERとPLAYER、どちらがよりいいカードを得ることができるかを予測するゲームとなっています。

ルール2:カードの数え方

上記の通り、バカラは合計点で勝負するゲームです。カードの数え方はブラックジャックと全く同じです。

 

Aは1として数えます。

2−9は数字通りに数えます。

10、J、Q、Kは10として数えます。

 

バカラは下一桁しかカウントに入れないので、10、J、Q、Kは0、ということになります。

ルール3:ヒットアンドスタンドチャート

バカラにはヒットアンドスタンドチャートというものが存在します。ディーラーはこの表に従ってPLAYERとBANKERにカードを配ったり、配らなかったりします。ですのでディーラーによって勝敗が変わることや、ディーラーの実力が影響することはありません。

 

PLAYERのヒットアンドスタンドチャート

2枚目までの合計が5以下→ヒット(3枚目を引く)

2枚目までの合計が6以上→スタンド(3枚目を引かない)

 

BANKERのヒットアンドスタンドチャート

PLAYERの3枚目によってヒットかスタンドかが変わります。

 

2枚目までの合計が2以下→ヒット

2枚目までの合計が3→PLAYERの3枚目が8以外の場合ヒット

2枚目までの合計が4→PLAYERの3枚目が1.8.9以外の場合ヒット

2枚目までの合計が5→PLAYERの3枚目が4.5.6.7の場合ヒット

2枚目までの合計が6→PLAYERの3枚目が6.7の場合ヒット

2枚目までの合計が7以上→スタンド

 

バカラの用語

バカラの用語にはフランス語が多くみられますが、それはゲームの起源がフランスにあるからです。

 

用語 意味
バカラ(Baccarrat) ゲームの名前、これはこのゲームの中で最悪の手札を指します。つまり、カードの合計点がゼロの場合です。
ヒット(Hit) 三枚目のカードを引くこと。
スタンド、ステイ(Stand, Stay) 三枚目のカードを引かないこと。
スタンド オフ(stand off) BANKER とPLAYERが引き分けになること。
コミッション(Comission) あなたがBANKERに賭けて勝った場合、配当から5%がハウスエッジ(カジノ側の利益)として引かれるシステム
ナチュラル(Natural) 初めに配られた二枚のカードの合計が8か9になった場合、ナチュラル(Natural)と呼ばれ、それ以上のカードは配られません。
デッキ(Deck) 52枚1セットのトランプの束のことをデッキと呼ぶ。バカラには通常8デッキ使用される。

 

バカラのゲームの流れ

1:まずは、どこに賭けるかを決めます。

このテーブルには、PLAYER,BANKER,TIE(引き分け)の三種類の賭け方があります。

(場所によっても賭けることができる種類が変わってきますので、それについてはそのカジノのルールに従ってください)

 

2:テーブルについている全員がベットした頃合いを見計らってディーラーがカードを配り始めます。(オンラインではベットを締め切る時間が決まっていて、その時間制限に間に合わなければそのゲームは見送ることになります。)

 

3:最初の2枚がめくられた時、PLAYERかBANKERのどちらかの合計が8か9になればナチュラル、つまりPLAYEか BANKERの勝ちとなります。

 

4:PLAYER、BANKER両方に8か9が出た場合は、スコアの高い方が勝ち、両方とも同じ数字であればTIE(引き分け)でゲームは終了となります。

5:このあとはヒットアンドチャートに従ってPLAYER,BANKER共に3枚目をヒットする、ヒットしない、を決定したのち、勝敗を決定します。

 

バカラの配当

■PLAYERに賭けていて、PLAYERが勝った場合:配当は1倍

 賭け金と同額のチップが賭け金と合わせて支払われます。

 

■BANKERに賭けていて、BANKERが勝った場合:配当は0.95倍

 配当金から5%のコミッション(カジノ側の利益)が引かれて支払われます

 ※BANKERの勝率がヒットアンドスタンドチャートによって若干PLAYERより高くなっ ているため、コミッションはBANKER側から引かれます

 

■引き分けになった場合:配当は8倍

 引き分けに賭けていた場合、賭け金の8倍の配当金が賭け金と合わせて支払われます。

 ※BANKERまたはPLAYERに賭けていた場合、賭け金がそのまま戻ってきます。

 

■PLAYER PAIR やBANKER PAIRに賭けていた場合:配当は11倍

 同じ数字が出た場合、賭け金の11倍の配当金が賭け金とまとめて支払われます。

 ※ペアに賭けていて、パーフェクト・ペア(同じ数字、同じ記号)が出た場合、配当は 25倍になります。

 ※ペアと言うPLAYER かBANKERでペアが出れば配当金がもらえる、と言うベットの仕 方もあります。そこに賭けていてどちらかにペアが出た場合、配当は5倍です。

バカラのコツ

勝つためのコツ、とはいってもBANKER とPLAYERの勝ちやすさがほぼ同等なことから、基本的に運が勝敗を大きく左右するゲームとなっています。この中で初心者がバカラで勝つためのコツは、チップをどう賭けるかを考えることです。

配当のセクションでも述べたように、TIE(引き分け)のオッズは8倍であるため、自分が負けている時ほど魅力的に見えてしまいます。ですが、TIEに賭けて勝てることはほとんどない、ということを覚えておきましょう。一発逆転を狙って引き分けに賭けてみるのも面白いとは思いますが、その時はオッズの表を思い出して、もう一度考え直しましょう。

また、引き分けとなってもBANKERとPLAYERに賭けたお金がカジノに総取りされることはなく、全額返金されますので、引き分けになった時の損失を心配する必要はありません。

単純にBANKERかPLAYER、二つのうち一つにかけて勝つことができれば賭け金は2倍になるので、確実な勝利が欲しいなら、その二つのどちらかに賭けることをお勧めします。

 

このゲームがカジノの王様、と呼ばれるのは本当にゲームがシンプルなだけだからでしょうか?本当の面白さはあるチャートを知ってから始まります。バカラでは、こちら側がゲームの勝敗に関わることができないために、一見面白くなさそうに見えますが、ここでゲームをカジノの王様に押し上げているのが罫線です。罫線とはPLAYER、BANKERどちらが勝ったかを記録し、次にくるカードを予測してどちらに賭けるかを決める最大の決め手となるものです。罫線には、大路(Big Road)小路(Small Road)大眼仔(Big Eye Road)甲由路(Cockroach Road)珠盤路(Bread Road) と様々な種類があり、どの罫線を使うかは人によって異なります。バカラはあくまでも確率のゲームです。どれほど綺麗に罫線が書けていても、次にどちらが勝つかと言う確実な予想をすることは不可能です。ですが罫線を使って勝てた時の楽しさは段違いとなります。ゲームを奥深くまで楽しみたい場合は、ぜひ罫線の見方を覚えてバカラをプレイしてみてください。

 

バカラの「絞り」

本家バカラにはこの「絞り」と言う特徴的なルールが存在します。「絞り」は、そのテーブルで一番高額な賭けをしている人がカードを一番最初に見ることができる権利を得ることです。カードを捲れるからといって勝敗が変わることはないのですが、それでもバカラをプレイする人たちはまるで強い念を込めてカードをめくれば自分の欲しいカードが出てくることを信じているように、ゆっくりゆっくりとカードをめくっていきます。この「絞り」があることによって無機質にカードをめくるよりゲームは熱を持ち、より一層ゲームに惹きこまれていきます。アジアのカジノでは賭け金の小さいバカラでも「絞る」ことができるので、本場でカードを絞ってみたい方は是非、アジア、特にマカオのカジノに足を運んでみてください。

 

本家のバカラは賭け金のミニマムが高いことがネックなのですが、そのルールを取り払ってくれたのがミニバカラ。ミニバカラは「絞り」がなく、ミニマムが低いというだけでルールは全く一緒です。初心者が始めやすいという点ではどちらも同じなので、たっぷりとした資金があれば本家のバカラ、少しの資金でカジノの雰囲気を楽しみたい方はミニバカラのテーブルについてゲームを楽しんでみると面白いかもしれないですね。

 

更新日:

Copyright© みんなのカジノ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.